石井直樹

1972年生まれ 横浜市出身。

介護のハッピー合同会社社長

やまとオレンジプロジェクト代表

みなちかやまとコアメンバー

大和市ケアマネジャー連絡協議会委員

介護福祉士、介護支援専門員、卓球療法士初級

 

大学卒業後、会社員を経て介護業界に転職。グループホームの施設長になる。

2012年、「自分が働きたいと思えるような会社は、探すより自分で作っちゃおう」というノリで介護のハッピー合同会社設立。

同年12月、みんながハッピーになれる介護施設をとの思いから、縁も所縁もない大和市鶴間に通所介護施設「デイサービスハッピー鶴間」を開所。

2015年12月、大和市福田に日本初、日本卓球療法協会認定通所介護施設「ピンポンデイハッピー渋谷」を開所。

その福祉業界の常識に捉われない経営手腕は画期的で、テレビ、新聞、地域紙、雑誌、ラジオ等様々なメディアに取り上げられている。「誰よりも大和を愛する」横浜市民を自認。